So-net無料ブログ作成

映画総括 in 2008 Part 2. [feature films]

   明けまして、おめでとうございます!ことしも宜しくお願いします m(_ _)m

   映画総括 in 2008 Part 1. のリストより、印象に残った作品や俳優、音楽etcのマイベストを紹介します。選考カテゴリーは以下のようになります。

   ◆2008年劇場にて観た作品ベスト5
   ◇2008年に観た旧作品ベスト5
   ◆2008年音楽がベストだった作品
   ◇2008年パーソナル大ヒット役者

◆2008年劇場にて観た作品ベスト5

1.
つぐない (2007) UK
   結局、劇場に5回観に行った作品。イギリス的悲恋の美学が、アカデミーに受け入れられなかった今作、 文芸作品ながらモダンな匂いを放ち、ストーリーのテーマ「贖罪」が余韻を残します。小さな嘘についた本人さえ翻弄された人生、つぐなうことに終わりはあるのか、深く胸に刺さるテーマでした。マカヴォイに将来性を感じ、キーラの大人の香りも堪能。文句なく08年のベスト。

つぐない [DVD]

つぐない [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD

2.ダークナイト (2008) US
   ジャパンプレミアに参戦、大好きなクリスチャン・ベールと目が合った(笑)ことや、亡きヒース・レジャーの将来語り継がれる程の怪演、そしてアメコミの枠を超えてしまった作品の完成度の高さと、ザッツ・エンターテイメントだった今作。正義に苦悩するブルース=バットマンに、ヒーロー論を考えずにはいられませんでした。次回作に期待! 

ダークナイト 特別版 [DVD]

ダークナイト 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

3.ジェイン・オースティンの読書会 (2007) US
   ジェインの作品は、コリン・ファースの『高慢と偏見』しか観たことがなかったけれど、現実感を持って幸せな気分に浸れた今作。"人生最高の解毒剤"と称されるジェインの本をもって、主要キャラがそれぞれに解毒され、新たな一歩を踏みだす姿が心地よい。いくらオンナの自意識が高くなっても、やっぱり共に人生を歩めるオトコが欲しいんデス

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]

ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD

4.ラスト、コーション (2007) USA/China/Taiwan/Hong Kong
   良質な作品を安定供給してくれるアン・リーの最新作(『ハルク』はおいといて)。父や弟と離れ、淡い恋心から抗日グループに傾倒していく女子大生チアチーの「居場所探し」的作品。親日イーと繰り広げられる男女の駆引きに、身がキリキリと痛む程ハマりました。トニー・レオンの存在感もさることならが、新人タン・ウェイの度胸ある演技も高評価です。

ラスト、コーション [DVD]

ラスト、コーション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
  • メディア: DVD

5.ぼくの大切なともだち (2006) France
   『フィクサー』と悩みましたが、社会派作品と呼べる前作よりも、人情的な今作をピックアップ。フランスの名優ダニエル・オートゥイユは、日本の高倉健だということを悟った作品です。なにをやってもオートゥイユはオートゥイユだと。しかし、シリアスからコメディ、恋愛もいける50代って貴重です。ほろ苦い友情ストーリーに、ハリウッドとは一線を引いた姿勢をみました。

◇2008年に観た旧作品ベスト5

1.父の祈り (1993) Ireland
   実在した主人公の父、ジョゼッペの献身ぶりに心が奪われます。そんな父の非暴力的な姿を意気地なしだと言った息子が、歳月を重ねほんとうの強さを知ったとき、観ている私たちにも爽やかな風が吹く。ラストのカタルシスは、得もいわれぬ昂揚感があります。Dルイスがまだ若く、しつこい程の重い演技をする前の姿は、アル・パチーノの若い頃のようです。

父の祈りを (ユニバーサル・セレクション2008年第4弾) 【初回生産限定】 [DVD]

父の祈りを (ユニバーサル・セレクション2008年第4弾) 【初回生産限定】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD

2.ゴーン・ベイビー・ゴーン (2007) USA
   何故この作品が劇場スルーしてしまったのか、今もなお疑問です。主役が地味だから?扱いにくいテーマだったから?主人公パトリックの決断には、賛否両論あると思います。子供にとっての幸せとは?地球環境の破壊も進み、次世代環境は厳しさを増しています。彼らをどう導き、なにを託すべきかを、考える作品。ケイシー・アフレックも役者としては兄より上ですね。

ゴーン・ベイビー・ゴーン [DVD]

ゴーン・ベイビー・ゴーン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD

3.ブラディ・サンデー (2002) UK / Ireland
   今や『ボーン~』シリーズの監督としてのほうが有名となった、ポール・グリーングラスの出世作。この頃から彼は、ハンドカメラや街中を実際に録音し、臨場感あふれるディレクションを行っていました。今作において、アイルランド人の敵方となるイギリス人の彼が、臭い物にフタをせずに事実を忠実に再現しようとした経緯にも、学ぶことがあります。

ブラディ・サンデー スペシャル・エディション [DVD]

ブラディ・サンデー スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD

4.マンハッタン殺人ミステリー (1993) US
   ウディ・アレンのコメディ作の中じゃ、1、2を争う作品。2008年の初笑いは、この作品でした。『アニー・ホール』の16年後に作られていて、あのアルビー&アニーが結婚していたらこんな風かな・・・と思わせるところがニクイ。ダイアン・キートンとウディの気のあった掛け合いも自然体です。一応サスペンスなんですが、しいて分類するとインテリ・コメディかな。

マンハッタン殺人ミステリー [DVD]

マンハッタン殺人ミステリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD

5.フローズン・タイム (2006) UK
   思いがけず美しい作品に出会いました。うだつの上がらない美大生ベンの失恋、不眠症、深夜のスーパーのバイト。イケてないバイト仲間に囲まれながら、時間が止まった一瞬に、レジ係シャロンの横顔に釘付けになる。恋をすると、ありふれた馴染みの風景が、こんなにも鮮やかに輝くのかと、純粋な気持ちを思い起こさせてくれた作品です。

フローズン・タイム [DVD]

フローズン・タイム [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD

◆2008年音楽がベストだった作品

ペネロピ (2006)  UK/US
   つぐない』、『ウォンテッド』公開前のジェームズ・マカヴォイが、思ったよりも巷にファンを獲得していた事実に直面。劇場内には"ジェームズファン"と思われる若い女性がチラホラ。彼女たちの若さに焦ったけれど(笑)、エンディングにかかったSigur Rosの「Hoppipollaに心洗われました。PVもいいんですよ。2008年は、彼らのアルバムをヘビーローテしましたね。

ペネロピ [DVD]

ペネロピ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD

Takk...

Takk...

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Toshiba EMI
  • 発売日: 2005/09/13
  • メディア: CD

2008年パーソナル大ヒット役者

   2006年のダニエル・クレイヴ2007年のジェームズ・マカヴォイと、パーソナル大ヒットした役者が次々と活躍していて嬉しい限りです(寂しさももちろんありますが)。2008年も、大好きなジェームズやクリスチャン・ベールに度々胸キュンしましたが、ここは将来性を期待してケイシー・アフレック(Casey Affleck)を押したいと思います。

   ブラピを完璧に食っていた『ジェシー・ジェームスの暗殺』、主役だったのに知名度の低さから?リヴ・タイラーにDVDジャケ写真を占領されてしまった『リターン・トゥー・マイ・ラブ』、兄が監督し持ち前の良さを存分に発揮した『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と、2008年は彼の魅力を堪能しました。2009年は、もっと彼の作品が劇場公開されますように・・・。

CTC-2449-image4.jpg


   


nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 14

pandahead

あけましておめでとうございます。
つぐない劇場5回というのは凄いですね。
2009年もいい映画にたくさん出逢えるといいですね^^
by pandahead (2009-01-01 22:19) 

江戸うっどスキー

あけましておめでとうございます。
BEST1の「つぐない」と「父の祈り」は、どちらも気になっていたのに、まだ観ていません。なんと天の邪鬼な私(笑)。良作をミスミス見逃してしまう事が多くて、観たい映画がどんどんたまっていきます。どちらもイギリス映画ですよね、イギリス映画のクオリティの高さは鉄板ですね。
今年も良い映画にたくさん出逢えると良いですね。ことしもよろしくお願いいたします。
by 江戸うっどスキー (2009-01-02 03:17) 

バラサ☆バラサ

あけましておめでとうございます。

BEST3,5は見たかったのに見逃した作品です。見ていたら私の選択した順位も変わったかもしれません。変なもの(低予算ホラー)ばかり見ていないで、間口を広げないと。

今年もよろしくお願いいたします。
by バラサ☆バラサ (2009-01-02 13:36) 

ken

フローズンタイムのアートワークに凄く惹かれる!
これ、観てみよう。
ぼくの大切なともだち、も気になってたんですよねえ。
これも観てみよう!
by ken (2009-01-02 19:27) 

トチオ

明けましておめでとうございます。
ご無沙汰でした。
昨年後半は映画もブログもさぼってしまいました。
昨年は、クリスさんの映画鑑賞には遥かに及びませんでしたが、
今年はいっぱい良い映画観たいものです。
では、今年もよろしくです(^^)
by トチオ (2009-01-03 01:07) 

coco030705

明けましておめでとうございます。

ベスト5の1~4まで(順番は別として)と、旧作のウディ・アレンの「マンハッタン殺人ミステリー」(これは私もウディの作品中1,2を争うほどお気に入りの映画です。)が同意見です!!
ケイシー・アフレック、いいですね~☆ あまり知らなかったけど、かっこいいわ。ちょっとヒュー・グラントに似てませんか?私も注目してみますね。

今年もブログ楽しみにしています。(^^)
by coco030705 (2009-01-03 01:55) 

**feeling**

あっけましておめでとうございます。
あえるといいですなあ。
ほほほ。
by **feeling** (2009-01-03 19:53) 

u_yasu

あけましておめでとうございます。

紹介されている映画の中に見逃してる映画、結構あるので観てみますね♪

今年もレビュー楽しみにしてます♪
どうぞ宜しくお願いします。
by u_yasu (2009-01-03 22:40) 

LICCA

クリスさん、明けましておめでとうございます!
クリスさんのなかなか渋いラインナップに見とれつつ。
101本ですか。さすが・・・
私も今年はもう少し映画館に行きたいです。
そしてコメント、もう少し書きにきますね(笑)
今年もよろしくお願いします!
by LICCA (2009-01-03 23:20) 

クリス

pandaheadさん、
おめでとうございます!
『つぐない』は今もなお、劇場上映していれば観たいなと思う作品です☆
今年もよろしくお願いします。

江戸さん、
おめでとうございます!
はい、やっぱりイギリス映画の作りが好きなようです。
『つぐない』も『父の祈り』も、偶然にも罪の重さを考えさせる作品でした。

バラサさん、
おめでとうございます!
ホラーはすすんでみないジャンルなんで、参考にさせて頂きますね。

kenさん、
やっぱりヨーロッパ映画が好きなようです。
また映画ご一緒しましょうね♪

トチオさん、
おめでとうございます!
昨年は、途中トチオさんのお姿をみなくなって気になっていました。
今年もどうぞよろしくです☆

cocoさん、
ケイシーと、今ハマっている『HROES』というTVドラマのピーターがかぶってみえるんですよね。ご存じですか?
丹精な顔立ちなんですよね、よくみると。今後に期待です☆

**feeling**さん、
お会いしましょうね♪

u_yasuさん、
おめでとうございます!
こちらこそ、よろしくです。

LICCAさん、
おめでとうございます!
私こそライブにうとくてコメントが遠のいてます。
今年は、LICCAさんのパワーを頂きますね☆
by クリス (2009-01-04 22:48) 

てくてく

「つぐない」、良かったです~。
未見の作品も興味深い^^
参考にさせていただいて映画を選びます。
by てくてく (2009-01-07 11:04) 

クリス

てくてくさん、
私も今、『つぐない』DVD観ています。ちょっと嫌なことがあって、気分転換に。
いい映画を観るとほっとしますし安らぎます。
何度観てもいいですね。
nice!をありがとうございました。
by クリス (2009-01-07 20:59) 

Naka

こんばんは♪
「ジェイン・オースティンの読書会」もぜひ観たいです。
ケイシー・アフレックは
「オーシャンズ11」で可愛い人だなぁと思った記憶がありますが、
頭角を現してきた感じですね。
クリスさんの挙げてらっしゃる作品、観たくなりました。
これからもクリスさんの情報を楽しみにしています。
今年もよろしくお願いしますね。



by Naka (2009-01-13 01:26) 

クリス

こんばんは~!
『ジェーン~』はとても幸せな気分になれました。
私もケイシーのことを『オーシャン~』以来気になって観てました。
あのメンバーの中じゃ、いちばん魅力的です☆
今年もよろしくです。
nice!をありがとうございます♪
by クリス (2009-01-13 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。