So-net無料ブログ作成

ドリンキング・バディーズ (2013) USA <Drinking Buddies> [film reviews]

   ビール工場で働くケイトとルークは、気を許し合う仲だった。ルークにはジルという彼女がいたが、ケイトにも最近クリスという彼氏ができた。お互いの恋人も交えて別荘へ泊まりがけの旅行に出かけた2人は、お互いの恋人たちが寝静まった後に妙な雰囲気になってしまう。旅行帰りに、クリスから別れを告げられたケイトをルークは気にかけて誘い出すが、ケイトは彼にあたってしまう。

   昨年の東京国際映画祭、一本目だった今作。観賞後にプロデューサーのティーチインがあって、なかなか楽しめました。こういうとき、自分アピールな質問、たとえば作品とあまり関連なく、自分がどれほど映画通かを訴えたり、言葉巧みに崇高な作品解釈をしているようにみせかけて、深読みしすぎじゃ…と突っ込みたくなることもよくありますが、今作は一貫してほのぼのしていました。

   今作における監督のコンセプトは、「仲のいい異性の友達同士が、友達でい続けることを選択する」だったそうです。本音で語り合える飲み友達、居心地のよさと異性としての魅力を感じながらも、余りにしっくりしすぎる余、今の関係を壊すことに抵抗がある。それに、お互いの恋人たちへの気遣いも。いちばん近いのに、本音も言い合えるのに、心に秘めている想いは口に出せません。

   少し近づいたり遠のいたり、けれど決してくっつかない距離感が歯がゆくもあり、好感が持てたりもし、心の隅っこをくすぐる作品でした。ケイトとルークがほんとうによく飲むんですが、飲んで乱れたり自己嫌悪に陥ったり、少しだらしなくもみえるけれど、等身大の人間らしさがいっぱい詰まった自然な作品でした。背中越しのショットも多く、ドキュメンタリーっぽくもありました。

jake-johnson-in-drinking-buddies-movie-8.jpg

◇監督:ジョー・スワンバーグ 『ドリンキング・バディーズ』

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。