So-net無料ブログ作成
検索選択

エレニの帰郷 (2008) Greece | Italy | Germany | Russia <The Dust of Time > [film reviews]

   20世紀末のローマ。映画監督Aは、母エレニの人生を映画にしようと苦闘していた。50年代のソ連、ギリシャ難民の町テミルタウに暮らしていたエレニは、かつての恋人スピロスと再会。つかの幸せを掴むがスターリンの死去に伴う混乱の最中、二人は逮捕され再び離ればなれに。スピロスの子供を身ごもっていたエレニ。苦境の彼女を、彼女に想いを寄せるイスラエル難民のヤコブが支える。

   昨年の、東京国際映画祭にて鑑賞。一次チケットは逃してしまいましたが、二次が奇跡的に穫れて、大江戸線のとある駅で夫におチビを預けていってきました。テオ監督は『霧の中の風景』がいちばん好きですが、今作の前章となる『エレニの旅』も残酷すぎる美しさを放つ秀作でした。その続編、かつテオ監督は不慮の事故により突然亡くなってしまたため、今作は彼の遺作でもありました。

   うれしい驚きが二つありました。一つは、テオ夫人/Producerと娘/Production Cordinatorが来日されているとは知らず、二人の舞台挨拶とメッセージが聞けたことは、なによりのプレゼントになりました。もう一つは、今作のファーストショットが、ローマのチネチッタ撮影所のアップだったこと。私が父とローマを旅し、チネチッタの前で写真を撮りまくったのは、もう3年前のことですが。

   今作は、テオ監督作としては珍しく、音や語りが多く感じられました。霧がかった国境の風景などの独特の映像美も健在です。時代の移り変わりに翻弄されながらも、自分自身の生き方を貫く支えとなった「愛」が、逞しくも哀しく描かれています。少々、仰々しく感じる演出もみられましたが、一見の価値あり。ウィリアム・デフォー、最近はヨーロッパ系作品にシフトしているんでしょうか。

gk_dust_of_time_1.jpg

◇監督:テオ・アンゲロプロス 『エレニの旅』

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。